【台湾ラーメン 味世】の『イタリアン』(石神井公園)

Pocket




本日より、ラーメンブログを開始いたします。

主として東京のラーメン屋さんを食べ歩いて参ります。

早速ですが、昨日、石神井公園駅の近くにある【元祖名古屋 台湾ラーメン 味世 石神井公園店】という台湾ラーメン屋さんに行って参りました。

「味世」は、「みせい」と読むそうです。

今回食べたのは、『イタリアン』というメニュー名のラーメンです。

“唐辛子の海”という感じの見た目のラーメンですよね。

唐辛子のほかにも、ニンニク・豚挽肉・ニラがそれぞれ大量に入っています。

風味が非常に豊かで、ただ辛いだけではない、まさしく「旨辛」なラーメンです。

スープのベースは、醤油と鶏ガラです。「旨辛ラーメン」って結構味噌ベースのものが多いかと思うのですが、醤油や鶏ガラがベースの「旨辛ラーメン」というのもいいものですね!!


ちなみに、この【味世】さんは「台湾ラーメン」の専門店なのですが、「台湾ラーメン」の発祥はというと実は台湾ではなく名古屋なんです。

なので、台湾に行っても、このお店で提供されているようなラーメンが本場の味として楽しめるわけではないので御注意ください。

「台湾ラーメン」の本場はあくまでも名古屋ですので、本場の味を楽しみたいと思って行くならば、行くべきは名古屋ということになります。

そう、この「台湾ラーメン」は、いわゆる「名古屋めし」の一つなのです。

では、「名古屋」発祥なのに、なぜ「台湾」ラーメンなのでしょうか?

それは、名古屋在住の台湾人の方が、台湾の現地料理である「担仔麺」を日本人好みの味にアレンジして出来上がったラーメンだからなのです。

「担仔麺」は、日本では「たんつーめん」と読まれますが、現地では「たーあーみー」と読むようです。「担仔麺」は、台湾名物の一つでもあるので、日本の台湾料理店でも広く提供されているメニューです。


その名古屋のお店は【味仙】さんというお店なのですが、そこで修業を積んだ方が福島県郡山市で開いた「台湾ラーメン」のお店が【味世】さんです。

そして、その福島県郡山市の【味世】さんで修業をされた方が開いたお店が、今回伺った【元祖名古屋 台湾ラーメン 味世 石神井公園店】さんなのです。

なお、今回食べさせていただいた『イタリアン』というメニュー名についてですが、これはスタンダードメニューである『台湾ラーメン』よりも“辛さが濃いめ”というところから付けられています。

逆にスタンダードメニューである『台湾ラーメン』よりも“辛さが薄め”な『アメリカン』という名のメニューもあります。

これらのメニュー名は、コーヒーの「アメリカン」が薄めに作られるのに対してイタリアのコーヒーが濃いめに作られるのになぞらえて付けられたものなのだそうです。面白いですよね(笑)。

ところで、「台湾ラーメン」の本家本元である【味仙】さんは、現在、東京の神田にも店舗を構えておられます。なので、今度そちらの方にも伺ってみようと思います。

勿論、今回伺った石神井公園の【味世】さんにも、再訪するつもりです!!本当に美味しかったので☆彡

御馳走様でした!(^^)!

 

〈このお店の基本情報〉
店名:元祖名古屋 台湾ラーメン 味世 石神井公園店
最寄駅:石神井公園駅(西武池袋線)
住所:東京都練馬区石神井7-1-3 Tビル B1F
定休日:月曜日
営業時間:昼は11:30~15:00、夜は火~土曜日が17:30~23:00で日曜日は17:00~20:00。30分前ラストオーダー。
電話番号:03-6913-3795