【麺処 ほん田】の『手揉み中華そば 醤油』(東十条)

Pocket

日本を代表するラーメン屋さんと言っても過言ではない超有名店の【麺処 ほん田】に行って参りました!!

東十条にあるラーメン屋さんです。今ではラーメン激戦区の1つとなっている東十条ですが、そのきっかけとなったお店がこの【麺処 ほん田】さんだともいわれています。

夜の営業の開店時間である18時30分ちょうどに到着したのですが、その時点で既に1回転目のお客さんたちは通されており、それとは別にウェイティング客が8人ほど外に用意されている椅子に座っているという状況でした。ちょっと甘かったですね。これから行かれる方はだいぶ早めに行かれることをオススメします(;^_^A

また、18時40分になると、外に用意してあるウェイティング用の椅子も全部埋まり、残りの方々は立って待つ状況となりました。

なお、開店前に並ぶ場合は別なのですが、開店後は、先に行列に並ぶのではなく、先に食券を購入してから行列に並ぶというシステムになっているので、初めて行かれる際はお気を付けください。

そして、購入した食券を持って行列に並んでいる間に、店員さんが食券を受け取りに来て、その時に麺を手揉みの太麺と細ストレート麺のどちらにするかを訊かれます。

そんなこんなで、中に通されたのは18時58分でした。中に通されてから着丼までも6~7分くらいは待ったように思います。というのも、店主の本田さんがお1人で麺の手揉み作業をするため、どうしても時間がかかってしまうのです。効率度外視でとにかく美味しいものを追求しているラーメン屋さんという印象です。

さて、今回注文させていただいたのは、こちらのお店の代表的なメニューである『手揉み中華そば 醤油』と『スタミナ丼』です。

『手揉み中華そば 醤油』は、前述のように、手揉みの太麺にするか細ストレート麺にするかを選択することができるようになっています。今回は、手もみの太麺でお願い致しました。

『手揉み中華そば 醤油』の見た目は、こんな感じでした!!

この『手揉み中華そば 醤油』には、低温調理のチャーシュー2種類・海苔・メンマ・ネギ・背脂などが入っておりました。

ネギがシャキシャキで美味しかったです。四角く切られたネギなのですが、これがまた良いのかもしれないですね。

そして、なんといっても、手揉みの麺がヤバ美味しかったです!(^^)!(笑)

とにかく、全ての点で非常にクオリティの高いラーメンでした。完成度が高過ぎます。

なお、この『手揉み中華そば』には、醤油味と塩味の2種類が用意されています。今回は醤油味の方をいただきましたが、塩味の方も是非食べてみたいなと思っています。

一方、『スタミナ丼』は、こんな感じの見た目でした。

白飯の上に青ネギ・生タマゴ・おろしショウガ・白ゴマ・角切りの豚チャーシューがのっており、その上に自家製オニオンソースがかかっています。

まず、生タマゴのクオリティが高かったです。店内掲示によると、那須御用卵を使用しているとのことです。「生」タマゴは丼全体の味に大きく影響を与えるため、生タマゴの質は重要ですよね(^_-)-☆

また、角切りの豚チャーシューも非常に美味しかったです。脂まで美味しいお肉でした。

この『スタミナ丼』、次回も絶対注文しようと思います!(^^)!
理想のお住まい作り、リノベ向物件探しは【リノデュース】

なお、背後の壁には上着を掛ける用のハンガーが用意されておりました。寒い日だったこともあり、コートを掛けるのに皆さん使っていました。

店主の本田さんは非常に感じのよい方で、食べ終わって席を立ったお客さんに「寒い中すみません、ありがとうございました」と丁寧に声をかけておられました。有名な方なのに非常に謙虚かつ感じの良い御人でした。

食べ終わってお店を出ると、外は相変わらず大行列でした。20人前後は並んでいたかと思います。

食べてみて思ったのは、あれだけの行列ができるのも当然だな、ということでしたね。丁寧に手をかけた、非常にクオリティの高いものを提供されているラーメン屋さんです。

大変満足することができました。また食べに伺いたいと思います。

御馳走様でした☆彡

理想のお住まい作り、リノベ向物件探しは【リノデュース】

〈このお店の基本情報〉
店名:麺処 ほん田
最寄駅:東十条駅(京浜東北線)
住所:東京都北区東十条1-22-6
電話番号:03-3912-3965