【二寅】の『濃厚鶏白湯つけめん(塩)』(秋津、新秋津)

Pocket

西武池袋線の秋津駅とJR武蔵野線の新秋津駅との間にある【麺場 二寅】さんに行って参りました。

今回注文させていただいたのは、『濃厚鶏白湯つけめん(塩)』と『特製ジュレのローストポーク丼』です。

まず、『濃厚鶏白湯つけめん(塩)』は、こんな感じでした。

つけめんの具は、スープの中が、麺の上が太メンマ二本、炙り鶏チャーシュー一つ、低温調理の豚チャーシュー1枚、カイワレ、
つけスープの中には、ネギと黒胡椒と鶏肉が入っておりました。

また、麺の上には、太メンマ2本・炙り鶏チャーシュー1つ・低温調理の豚チャーシュー1枚・カイワレがのっておりました。

麺は、中加水の中太ストレート麺でした。もっちりとした麺で、スープとの絡みがよかったです(^^)

この【麺場 二寅】さんのつけめんは、他の多くのラーメン屋さんとは異なり、魚介系ではありません。魚介乾物は使っていない、赤鶏の鶏油と純国産丸鶏とを合わせたつけスープなのだそうです。また、みりんや砂糖を使って甘みを出すのではなく、野菜と鶏のみで甘みをひき出しているのだそうです。熱いこだわりが感じられますよね!!

今回は塩味の方にしましたが、この『濃厚鶏白湯つけめん』には塩味のほかに醤油味も用意されています。次回以降、醤油味の方にも挑戦してみたいと思います。

続いて、『特製ジュレのローストポーク丼』は、こんな感じでした。

『特製ジュレのローストポーク丼』は、白飯の上にローストポーク・ネギ・マヨネーズ・ジュレがのっているというものでした。

この『特製ジュレのローストポーク丼』、ローストポークとジュレがよく合っていて、美味しかったです👍特に特製のジュレが絶品でした😊

この【麺場 二寅】さんには、今回食べさせていただいた『特製ジュレのローストポーク丼』のほかにも、『タレマヨローストチキン飯』や『チャーシュー豚飯』、『上級本花鰹削り卵かけ飯 (特製醤油)』などのサイドメニューもあるので、次回以降それらを順次制覇していこうと思います(笑)

それでは、また伺わせていただきます。

本日も御馳走様でした☆彡

〈このお店の基本情報〉
店名:麺場 二寅  秋津本店
最寄駅:秋津駅(西武池袋線)、新秋津駅(JR武蔵野線)
住所:東京都東村山市秋津町5-6-5 クロスコート秋津内 1F
電話番号:04-2992-0001
営業時間:火~金曜日は17:30~22:30のみの営業、土日・祝日は11:30~14:30および17:30~22:30の営業。
定休日:月曜日